今すぐ25万円借りたい

今すぐ25万円借りたい!即日融資で25万円借りる方法 ※緊急!

このサイトでは、「今すぐ25万円を借りたい!」という方のために、以下の内容について解説しています。

 

・今すぐ25万円を借りる方法
・即日融資対応のおすすめのカードローン
・25万円借りたときの利息・返済額
・職業など別のお金の借り方

 

結論からいうと、今すぐに25万円借りたいなら、

  • 最短1時間で借入可能(※銀行では審査に最短でも数日以上かかる)
  • 大手金融グループなので信頼できる
  • 一定期間の無利息サービスがある(一部除く)

といった理由から大手消費者金融で借りるのがオススメです。

 

具体的な借入先としては、プロミスアコムのネット申込みで借りるのがオススメです。

 

今から最短なら1時間程度で、コンビ二などのATMで現金を引き出してお金を借りるか、あなたの銀行口座にお金を振り込んでもらってお金を借りることができます。

 

・・・詳細については記事をご確認下さい!

 

即日借り入れ可能なおすすめカードローンを今すぐ確認>>

 

今すぐ25万円借りるならアコムかプロミスがオススメ

今すぐ25万円借りる必要があるなら、各社公式サイトの簡易審査を受診して借入可能かをまず確認するのが最短です。(簡単な項目を入力すればわずか数秒で結果がわかります)

今すぐプロミスの簡易審査を受けてみる>>

アコム

【三菱UFJフィナンシャル・グループ】のアコムは信頼感抜群!消費者金融の中で老舗とも言える存在で、利用残高ナンバーワン。CMでも有名な「はじめてのアコム」のキャッチフレーズの通り、初めてお金を借りるという人に人気の高いカードローンです。初回の利用なら30日間無利息で利用可能。

アコム公式サイトを確認>>

プロミス

【SMBCグループ】のプロミスなら安心感バッチリ!『WEB完結』なら、ネットの手続きのみで申込〜借入の一連の手続き全てが完結可能です。審査スピードの速さにも定評があるため急ぎでお金を借りたい方からの支持を受けています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

プロミス公式サイトを確認>>

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

すぐに25万円借りるベストな方法

今すぐに25万円のお金を借りるという場合にベストな方法は大手の消費者金融を頼ることです。

 

なぜ、大手消費者金融をオススメするかというと、その理由は以下のとおりです。

  1. 実質的に即日融資に対応できるのは消費者金融くらいだから
  2. 銀行等と比べると審査通過の可能性があるから
  3. 大手銀行系金融グループなので信頼できるから
  4. 借りたお金の利用目的が自由だから
  5. 無利息サービスがあるから

この理由の詳細な説明については後述しますが、とにかく今すぐ25万円を借りたい方のために、まず先に具体的な手順について説明します。

 

【最短1時間】今すぐ25万円借りたい人が即日融資でお金を借りる方法

早急に25万円を借りたいという方が、大手消費者金融を利用して今日中にお金を借りる方法は以下のとおりです。

 

今すぐ25万円を借りる方法1.公式サイトを開く(24時間受付)
まず、消費者金融会社公式サイトを開きます。

 

 

2.必要事項を記入する
氏名・住所・メールアドレスなどの情報を記入します。

 

3.確認メールを受け取る
申込み確認メールが記入したメールアドレス宛に届きます。

 

4.本人確認書類を提出する
スマホ・PCからアップロードやメール添付により運転免許証・保険証等の本人確認書類画像を提出します。

 

5.最短30分で審査結果の回答
審査結果を待つ間を活用してコンビニATM等への移動をすませておくと時間短縮できるのでスムーズです。
(銀行口座への振込入金にでの借入もできます。)

 

以上のように、とても簡単な手続きでお金を借りる事が出来ます。

 

今すぐおすすめカードローンランキングを確認>>

 

大手消費者金融をオススメする理由

ここからは、今すぐ25万円を借りるのに大手消費者金融をオススメする以下の5つの理由の詳細について説明していきます。

  1. 実質的に即日融資に対応できるのは消費者金融くらいだから
  2. 銀行等と比べると審査通過の可能性があるから
  3. 大手銀行系金融グループなので信頼できるから
  4. 借りたお金の利用目的が自由だから
  5. 無利息サービスがあるから

1.実質的に即日融資に対応できるのは消費者金融くらいだから

早急に25万円のお金が必要で、今すぐに借りたいというとき、即日融資でお金を貸してくれる可能性があるのは現実的には消費者金融くらいです。

 

大手の消費者金融では融資までのスピードに力を入れているところが多いので、申込み完了から最短なら1時間程度でお金を借りる事が出来ます

 

【最短1時間】今すぐ借りれるおすすめカードローンをすぐに確認>>

 

他のお金の借り方ではこんなにハイスピードでお金を借りる事が出来る方法はほとんどないといってよいです。例を挙げると、銀行カードローンや銀行の目的別ローン(自動車ローン等)に申し込んでお金を借りようとしても、お金を借りるまでには早くても数日〜数週間くらいを要します。

 

仮に、大手消費者金融と同様ののスピード融資に対応可能な借入先が他にあったとしても、非常に条件が厳格であるか、危険を伴う借り方である可能性があります。今すぐに安心安全にお金を借りるなら大手消費者金融が最適なのです。

 

銀行は即日融資に対応不可銀行系のカードローンでもかつては申し込んだその日のうちにお金を借りることが出来ました。

 

ですが、金融著の規制を受けて、2018年からは即日融資に対応できなくなりました。

 

暴力団関係者への融資を行ったいたことが問題視され、銀行カードローンでは審査過程で警察データベースに申込者の情報を照会するように義務づけられてしまったためです。

 

警察への照会に時間を要するので、銀行カードローンでは最短の場合でも数日以上は借入までにかかるようになってしまいったのです。

 

2.銀行等と比べると審査通過の可能性があるから

お金を借りる金融機関と言えば、銀行をイメージしやすいかも知れません。

 

しかしながら、銀行は一般論として審査を通過するためのハードルが高いです。それと比較すると一般的に考えると、消費者金融のほうが審査通過へのハードルは低い傾向にあります。

 

消費者金融であれば、もちろん希望額にもよるという面もありますが、学生やパート・アルバイトの方でも月1回以上毎月収入がある20歳以上の方なら審査通過の可能性があります。

 

3.大手銀行系金融グループなので信頼できるから

消費者金融は、『サラ金』と故障されることもありますが、もしかしたらあまりよくないイメージを抱かれている方もいるかも知れません。ですが、まったくそんなことはなく信頼できる所なので安心して下さい。

 

大手消費者金融は有名な大手銀行系の金融グループ企業が運営しているので信頼できます。金融庁が厳しく指導している銀行が関わっているのに変なことをするはずがありませんので安心ですね。

 

プロミス

SMBCグループ

 

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループ

 

SMBCモビット

SMBCグループ

 

レイクALSA

新生銀行

 

4.借りたお金の利用目的が自由だから

お金を借りる方法のなかには、銀行の目的別ローン(自動車ローン)などのように、借りたお金の利用目的が制限されているものも多いです。

 

その点、消費者金融カードローンは借りたお金の使い道が自由ですので、非常に利用しやすいです。

 

5.無利息サービスがあるから

多くの大手消費者金融では、初回利用者を対象に、一定期間無利息で借りられるサービスを実施しています。この無利息サービスを使ってお金を借りると、極端な話、無利息期間内に全額返済してしまったら一切の利息を支払うことなくお金を借りるさえも可能なのです。非常にありがたいことですね。

 

大手消費者金融各社の一定期間無利息サービス実施状況については以下をご覧下さい。

消費者金融名 サービス内容 対象者・利用条件等
プロミス
  • 初回借入の翌日から30日間無利息

初回利用者
メールアドレス登録とWeb明細登録が必要。

アコム
  • 契約日の翌日から30日間無利息

初回利用者

レイクALSA

下記のいずれかから選択

  • 契約日の翌日から30日間無利息
  • 契約日の翌日から5万円まで180日間無利息
・はじめてご利用の方

・5万円まで180日間無利息は契約額が1〜200万円の方

他の2社とは異なりプロミスのみ【初回借入日の翌日】が無利息期間開始日となっています。

 

即日融資でお金を借りる場合、『契約日=初回借入日』になるのでさほど関係がないかもしれませんが、契約日から初回借入日までに期間があく可能性が多少なりともあるのならプロミスで申し込むほうが無難です。

 

プロミスで借りれるか簡易審査を受けてみる>>

 

今すぐ25万円借りるならアコムかプロミスがオススメ

今すぐ25万円借りる必要があるなら、各社公式サイトの簡易審査を受診して借入可能かをまず確認するのが最短です。(簡単な項目を入力すればわずか数秒で結果がわかります)

今すぐプロミスの簡易審査を受けてみる>>

アコム

【三菱UFJフィナンシャル・グループ】のアコムは信頼感抜群!消費者金融の中で老舗とも言える存在で、利用残高ナンバーワン。CMでも有名な「はじめてのアコム」のキャッチフレーズの通り、初めてお金を借りるという人に人気の高いカードローンです。初回の利用なら30日間無利息で利用可能。

アコム公式サイトを確認>>

プロミス

【SMBCグループ】のプロミスなら安心感バッチリ!『WEB完結』なら、ネットの手続きのみで申込〜借入の一連の手続き全てが完結可能です。審査スピードの速さにも定評があるため急ぎでお金を借りたい方からの支持を受けています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

プロミス公式サイトを確認>>

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

【即日融資OK】ユーザーおすすめランキング

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結なら、申込みから借入までの一連の手続きをネット上から完了可能です。手続き途中で不明なことがあればオペレーターの方に電話で丁寧に教えてもらえるので安心です。女性オペレーターの対応するプロミスレディースも性別問わず人気です。

↓※女性でも男性でも利用OKです↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\30日間利息ゼロ円♪即日借りるならプロミス!/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
CMでおなじみのアコムは、大手金融グループの一員です。まさに知名度と信頼性を兼ね備えた安心のカードローンです。最短即日での借入にも対応しており、初めてお金を借りる方はもちろんのこと、急ぎでお金を借りたい方にオススメのカードローンです。
\30日間利息ゼロ円!最短1時間で借り入れできる!/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
\Webからの申込みで最短60分でのご融資が可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申し込みの曜日・時間帯により、翌日以降取扱いになることがあります。

\30代以上の方が特によく利用されています/

 

今すぐ25万円を借りる方法1.公式サイトを開く(24時間受付)
まず、消費者金融会社公式サイトを開きます。

 

 

2.必要事項を記入する
氏名・住所・メールアドレスなどの情報を記入します。

 

3.確認メールを受け取る
申込み確認メールが記入したメールアドレス宛に届きます。

 

4.本人確認書類を提出する
スマホ・PCからアップロードやメール添付により運転免許証・保険証等の本人確認書類画像を提出します。

 

5.最短30分で審査結果の回答
審査結果を待つ間を活用してコンビニATM等への移動をすませておくと時間短縮できるのでスムーズです。
(銀行口座への振込入金にでの借入もできます。)

 

お金を借りることができる人の条件

消費者金融カードローンを利用してお金を借りることができる人の条件は以下の2つを満たすことです。

  1. 20歳以上であること
  2. 安定した収入があること

1.20歳以上であること

お金を借りるということは、法律上の契約行為に該当します。

 

そのため、別に会社員でなくともアルバイト学生などであってもいいのですが、20歳以上でないといけないのです。

 

2.安定した収入があること

きちんと借りたお金を返済してもらうために安定した収入があることが求められます。

 

消費者金融では、この安定した収入というのは数万程度でもいいので毎月1回以上の定期的な収入があることが必要です。

 

審査の際、大手企業勤務や正社員などの方のほうが有利なのは事実ですが、借入を希望する金額さほど多くなければ、アルバイトやパートなどでもかまいませんので毎月定期的な収入があることが大切なのです。

 

25万円借りるための収入は?
25万円借りるためにどれくらいの年収が必要かを考える上で、知っておきたいことがあります。それは、『総量規制』です。

 

大手消費者金融は貸金業法という法律による規制を受けていますが、その貸金業法のなかで消費者金融は利用者の年収の3分の1までしか貸付できないとする【総量規制】というルールがあります。

 

その関係で、25万円借りるためには最低でも年収75万円〜90万円以上はないといけないということになりますが、現実問題として初めて借りる信用実績がない状態だと、年収125万〜200万くらいはないと25万円を借りることは難しいかもしれません。

 

カードローン申込みに必要なもの(書類)

大手消費者金融カードローンの申込みに必要なのは、原則として(※)運転免許証などの本人確認書類です。(運転免許証の交付を受けていない方は、運転免許証の代わりに保険証などでも大丈夫ですが、利用できる書類は各社によって少しずつ異なります。)

 

※本人確認書類に加えて収入証明書が必要な場合があります。(後述)

 

利用できる本人確認書類

プロミス

【運転免許証がある場合】
・運転免許証

 

【運転免許証がない場合】
・パスポート + 住民票等
・健康保険証 + 住民票等

 

※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」が追加で必要です。

※「健康保険証」と「+1点(例:住民票)」が必要となるのは、ご来店によるご契約手続きの場合です。
※上記書類に記載された自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる方は、現在お住まいの自宅住所が記載されている以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内のもの)のコピーをあわせて必要です。

 

・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

 

アコム

【運転免許証がある場合】
・運転免許証

 

【運転免許証がない場合】
・個人番号カード(顔写真の付lきのもの)
・パスポート
・健康保険証 + 【住民票・公共料金領収書・納税証明書のうち1点】

 

書類に記載された住所が現住所と異なる場合は、現住所が記載された以下のいずれかの書類をあわせて用意する必要があります。

 

・住民票(本籍地、マイナンバー、住民票コードがないもの)
・公共料金の「領収書」・・・電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話を除く)、NHK等
・納税証明書

 

※確認時に発行日または領収日から6ヵ月以内のものに限ります。

 

レイクALSA

【運転免許証がある場合】
・運転免許証

 

【運転免許証がない場合】
・健康保険証
・パスポート
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・在留カード
・特別永住者証明書

 

本人確認書類に記載された住所と現住所が異なる場合や自動契約機で契約の際に健康保険証を用意する場合は、現住所が記載された以下の書類のうちいずれかをあわせて用意する必要があります。

 

・公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話(NTT)・NHK)
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・いずれも発行日から6ヵ月以内の原本に限ります。

 

SMBCモビット

【運転免許証がある場合】
・運転免許証

 

【運転免許証がない場合】
・健康法検証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・マイナンバーカード

 

収入証明書が必要な場合

以下のいずれかに該当する場合は、本人確認書類に加えて収入証明書も必要です。

 

・希望借入額が50万円を超える場合
・希望借入額と他社利用残高の合計が100万円を超える場合

 

各社で収入証明書と利用できる書類は以下の通りです。

 

プロミス

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
・賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

 

アコム

・源泉徴収票
・給与明細書
・市民税・県民税額決定通知書
・所得証明書
・確定申告書・青色申告書・収支内訳書

 

レイクALSA

・源泉徴収票
・住民税決定通知書・納税通知書
・確定申告書
・所得(課税)証明書
・給与明細書

 

SMBCモビット

・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書

 

今すぐ25万円借りるならアコムかプロミスがオススメ

今すぐ25万円借りる必要があるなら、各社公式サイトの簡易審査を受診して借入可能かをまず確認するのが最短です。(簡単な項目を入力すればわずか数秒で結果がわかります)

今すぐプロミスの簡易審査を受けてみる>>

アコム

【三菱UFJフィナンシャル・グループ】のアコムは信頼感抜群!消費者金融の中で老舗とも言える存在で、利用残高ナンバーワン。CMでも有名な「はじめてのアコム」のキャッチフレーズの通り、初めてお金を借りるという人に人気の高いカードローンです。初回の利用なら30日間無利息で利用可能。

アコム公式サイトを確認>>

プロミス

【SMBCグループ】のプロミスなら安心感バッチリ!『WEB完結』なら、ネットの手続きのみで申込〜借入の一連の手続き全てが完結可能です。審査スピードの速さにも定評があるため急ぎでお金を借りたい方からの支持を受けています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

プロミス公式サイトを確認>>

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

審査について

消費者金融カードローンに申し込むと、審査が行われます。審査は、「この人にお金を貸してちゃんと返済してもらえるか」という視点から、貸付可能かどうかを判断するためのもので、審査通過できれば晴れて借入を行うことが出来ます。

 

審査では、申込時に記載した個人情報に基づいて実施されます。さらに、個人信用情報機関に蓄積されたデータも参照し、例えば以下のような項目が審査対象となります。

 

・年齢
・勤務先
・勤続年数
・雇用形態
・居住形態
・家族構成
・他社借入状況
・延滞・滞納履歴

 

※個人信用情報機関とは
消費者が各社で利用したクレジットやローンの信用情報の収集し管理する機関です。クレジット会社やローン会社は、利用者から借り入れの申込みがあると、審査のために個人信用情報機関に照会をかけ、得られた回答内容を審査に役立てます。

 

消費者の支払い能力に応じた適切な契約を実現し、迅速な情報提供によりスピーディーなクレジット・ローン取引を促進する役割を果たしています。

 

在籍確認について

カードローンの審査の過程では、申込者が申込時に記載した勤務先に確かに在籍して勤務しているかどうかを確認することを目的として、「在籍確認」が行われます。

 

在籍確認は、通常、カードローン業者の担当者から申込時に記載した勤務先に電話がかかってきて、申込者本人を呼び出すことにより行われます。

 

(※後述しますが、一部のカードローンの一部の申込み方法では、勤務先への電話をせずに書類上で在籍確認を行います。)

 

在籍確認の際の電話内容のイメージは以下のとおりです。

 

イシダ(カードローン業者の担当者の個人名)と申しますが、○○(申込者の名前)さんはいらっしゃいますか?」

 

「はい、○○は私です。」

 

「この度はお申し込みありがとうございます。それでは在籍確認がとれましたので、引きつづき手続きを進めてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。」

 

「はい、わかりました。それではよろしくお願いします。」

 

以上のように、在籍確認の電話ではあくまで在籍確認が目的なので、それ以上あれこれと聞かれることはなく、電話に応答するとあっさり電話をきってくれます。

 

大手消費者金融カードローンの在籍確認では、上記の様に業者名を名乗らずに、担当者の個人名を名乗って電話をかけてきます。このように、大手消費者金融では借入を会社や周囲の同僚にバレたくないという利用者の心情に配慮してくれています。

 

一見すると、取引先や知人と見分けが付かないので、大手消費者金融カードローンの在籍確認では、借入が会社や周囲の同僚にバレるということはあまりないと思われます。

 

もしも、同僚が電話の内容について詮索してきた時には、「クレジットカードの在籍確認だった」とでも言っておけばそれ以上追求されません。(いまどき、クレジットカードなら誰でも複数枚持っているので珍しくありません。)

 

※ちなみに、銀行カードローンでは大手消費者金融のような配慮をしないことが多く、在籍確認の担当者は「○○銀行融資担当の××と申しますが、」と銀行名などを名乗るので、借入が周囲にバレる可能性が一段と高まってしまいます。

 

勤務先への在籍確認電話を回避する方法【SMBCモビットのWEB完結

既にお伝えしたとおり、基本的には大手消費者金融カードローンの在籍確認電話では、借入が会社や同僚にバレることは少ないと思います。しかし、確実にバレたくない場合やその他の事情により、勤務先への在籍確認電話をかけて欲しくないという方もいるかもしれません。

 

勤務先への在籍確認の電話連絡を回避したい方にオススメなのが、SMBCモビットのWEB完結です。

 

SMBCモビットのWEB完結は

 

・在籍確認は、勤務先に電話せず書類上で行う
・自宅への郵送物もない

 

という特徴を持っています。SMBCモビットは会社や同僚はもちろんのこと、家族(親、妻、夫)にも誰にもバレずにお金を借りたい人にピッタリです。

 

SMBCモビットWEB完結の利用条件

SMBCモビットにWEB完結で申し込むためには、以下の条件を満たす必要があります。

 

SMBCモビットの利用条件
1.三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの普通預金口座を持っている

 

2.以下の書類を提出できる
本人確認書類
→ 運転免許証、パスポートのいずれか1点
収入証明書類
→ 源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、級明細書(直近2ヶ月分)のいずれか1点
勤務先確認書類
→ 健康保険証と給与明細書(直近1ヶ月分)の両方

 

条件を満たせるようなら、在籍確認電話も自宅への郵送物もなしでお金を借りるためにSMBCモビットを検討してみて下さい。

 

SMBCモビットにWEB完結で申込む>>

 

今すぐ25万円借りるならアコムかプロミスがオススメ

今すぐ25万円借りる必要があるなら、各社公式サイトの簡易審査を受診して借入可能かをまず確認するのが最短です。(簡単な項目を入力すればわずか数秒で結果がわかります)

今すぐプロミスの簡易審査を受けてみる>>

アコム

【三菱UFJフィナンシャル・グループ】のアコムは信頼感抜群!消費者金融の中で老舗とも言える存在で、利用残高ナンバーワン。CMでも有名な「はじめてのアコム」のキャッチフレーズの通り、初めてお金を借りるという人に人気の高いカードローンです。初回の利用なら30日間無利息で利用可能。

アコム公式サイトを確認>>

プロミス

【SMBCグループ】のプロミスなら安心感バッチリ!『WEB完結』なら、ネットの手続きのみで申込〜借入の一連の手続き全てが完結可能です。審査スピードの速さにも定評があるため急ぎでお金を借りたい方からの支持を受けています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

プロミス公式サイトを確認>>

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

25万円を借りた場合の利息・返済額

25万円を借りたときに、支払うことになる利息はどのくらいなのか心配かもしれません。

 

そこで、ここでは上限金利の最も低いプロミスを例として25万円を借りて1年間で返済する場合の返済シュミレーションを紹介します。

 

【利息・返済額シミュレーション】プロミスで借りた25万円を1年間で返済する場合

単位:円

回数 返済額 元金 利息 残高
1 22,896 19,188 3,708 230,812
2 22,896 19,473 3,423 211,339
3 22,896 19,762 3,134 191,577
4 22,896 20,055 2,841 171,522
5 22,896 20,352 2,544 151,170
6 22,896 20,654 2,242 130,516
7 22,896 20,961 1,935 109,555
8 22,896 21,271 1,625 88,284
9 22,896 21,587 1,309 66,697
10 22,896 21,907 989 44,790
11 22,896 22,232 664 22,558
12 22,892 22,558 334 0
累計 274,748 250,000 24,748 0

返済方法

返済方法は、各社で様々な便利な方法が用意されています。カードローン業者によって少しずつ異なりますが、例えばプロミスの場合、以下のような返済方法が用意されています。

 

プロミスの返済方法

プロミスでお金を借りたときに、利用できる返済方法は以下の通りです。

  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 店舗窓口
  • プロミスATM
  • コンビ二(マルチメディア端末)
  • 提携ATM
  • 銀行振込
インターネット返済

パソコンやスマホからネット上の操作をして、振込により返済する方法です。振込手数料無料で24時間いつもで利用でき、手軽で便利なのでオススメです。

口座振替

毎月指定された返済日に、お持ちの銀行口座からの返済額の自動引き落としにより返済する方法です。手数料無料で利用できますし、口座に残高さえあれば自動的に返済出来るので、返済忘れをしづらいというメリットがあります。

店舗窓口

全国にあるプロミスの店舗窓口でも返済することができます。もちろん手数料はかかりません。ただし、閉店してしまう深夜の時間帯や休業日である土日には返済できません。

プロミスATM

プロミスのATMなら365日間手数料無料で返済が可能です。ただし、プロミスのATMがご近所にあるとは限りませんし、ATMが閉まる深夜の時間などは返済出できません。

コンビ二(マルチメディア端末)

コンビ二に設置されたマルチメディア端末からも返済が可能です。身近なコンビ二から24時間利用でき手数料無料なのでオススメです。

 

プロミスの返済に対応しているのは

  • ローソンのLoppi
  • ミニストップのLoppi
  • ファミリーマートのFamiポート

です。

提携ATM

プロミスの提携ATMからも返済できます。ただしこの方法では数百円程度の手数料がかかります。プロミスの提携ATMには

  • ゆうちょ銀行
  • E-net
  • ローソン銀行
  • セブン銀行

などがあります。

銀行振込

プロミスの指定する口座に銀行振込で入金することにより返済することも可能です。この方法では、銀行振込手続きを行う銀行での振込手数料がかかります。

今すぐ25万円借りるならアコムかプロミスがオススメ

今すぐ25万円借りる必要があるなら、各社公式サイトの簡易審査を受診して借入可能かをまず確認するのが最短です。(簡単な項目を入力すればわずか数秒で結果がわかります)

今すぐプロミスの簡易審査を受けてみる>>

アコム

【三菱UFJフィナンシャル・グループ】のアコムは信頼感抜群!消費者金融の中で老舗とも言える存在で、利用残高ナンバーワン。CMでも有名な「はじめてのアコム」のキャッチフレーズの通り、初めてお金を借りるという人に人気の高いカードローンです。初回の利用なら30日間無利息で利用可能。

アコム公式サイトを確認>>

プロミス

【SMBCグループ】のプロミスなら安心感バッチリ!『WEB完結』なら、ネットの手続きのみで申込〜借入の一連の手続き全てが完結可能です。審査スピードの速さにも定評があるため急ぎでお金を借りたい方からの支持を受けています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

プロミス公式サイトを確認>>

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

25万円を借りるその他の方法

25万円を借りるために大手消費者金融カードローン以外ではたとえば以下のような方法があります。

  • 銀行カードローン
  • 銀行の目的別ローン
  • 学生ローン
  • クレジットカードのキャシング枠

銀行カードローン

消費者金融以外に銀行でもカードローンは行われています。消費者金融カードローンとの違いは

 

・審査がより厳しい
・金利が低い
・審査に時間がかかるため即日融資はできない
・専業主婦でも借入可能な場合がある

 

という特徴があります。

 

金利が低いというメリットはありますが、審査が厳しく即日融資ににも銀行カードローンは対応していません。収入面など審査に自信のない方や急ぎで借りたい方には大手消費者金融のカードローンがオススメです。

 

本人に収入がない専業主婦の方がお金を借りたい場合には、配偶者の収入も合わせて審査を行ってくれるイオン銀行などのカードローンならお金が借りられる可能性があります。

銀行の目的別ローン

銀行では、カードローン以外に、

  • マイカーローン
  • ブライダルローン
  • トラベルローン
  • リフォームローン
  • 教育ローン

など、借りたお金の利用目的が限定されたローン商品を用意している場合があります。

 

低金利で借りられるため、借りたお金の利用目的が合うようなら銀行の目的別ローンの利用を検討してもよいと思いいますが、そうでないなら利用目的が特に制限されていない大手消費者金融ノカードローンを利用するほうがよいでしょう。

 

オススメカードローンを今すぐ確認>>

 

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードには、買い物の支払いに利用するショッピング枠とは別にお金を借りるのに使うキャッシング枠が設定されている場合があります。クレジットカードにキャッシング枠があれば、お近くのコンビ二ATMなどからお金を借りることができます。

 

クレジットカードにキャッシング枠が設定されているかは、

 

・カードの種類
・カード申込み時に希望内容

 

によって異なりますので、お手元のクレジットカードにキャッシング枠が設定されているかどうか確認してみて下さい。

 

お手持ちのカードがキャッシングに対応しているなら、今すぐお金が借りられる反面、デメリットもあります。クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りるデメリットは以下の2つです。

 

1.金利が高い

クレジットカードのキャッシング機能を使ってお金を借りる場合、ほとんどのクレジットカードでは年率18%などの高い利率が設定されていますので、その分支払う利息が高くなってしまいます。

 

大手消費者金融カードローンと異なり、もちりん無利息期間などもありません。

繰り上げ返済に対応していない

大手消費者金融カードローンでは、繰り上げ返済が可能なので、お金に余裕があるときに設定された返済額以上にまとめて返済することにより、支払う利息の総合計額を安く抑えることが出来ます。

 

それに引き換え、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる場合は、繰り上げ返済ができないので、この方法が使えません。

学生ローン

一部の中小規模の消費者金融では、学生向けの専用商品として学生ローンを実施しています。あなたが大学生、大学院生、専門学生、短大生などの学生であれば学生ローンもお金を借りる方法の選択となります。

 

※もちろん、アルバイトなどで収入があることが必要です。

 

大手消費者金融カードローンと比べた場合、学生ローンは以下のような特徴を持っていますが、基本的には無利息サービスがある大手消費者金融カードローンで借りる方がメリットが多いといえるでしょう。

  • 無利息サービスがない
  • 必要書類が多い
  • 原則として勤務先への在籍確認電話がない
  • 未成年の学生でも借入可能
無利息サービスがない

大手消費者金融カードローンと異なり、初めて利用する方への一定期間無利息サービスがありません。

必要書類が多い

大手消費者金融カードローンでは、原則として運転免許証などの本人確認書類のみで借入が可能でした。それと比べて学生ローンでは、

本人確認書類
学生証
公共料金の支払票
銀行のキャッシュカード・通帳(※振込融資希望の場合)
収入証明書類(※必要に応じて求められる場合あり)

といった書類が必要なので、用意するのが大変です。

原則として勤務先への在籍確認電話がない

基本的に学生ローン商品の多くは、勤務先への電話での在籍確認を行っていません。ただし、審査に不審がある場合などは必要に応じて在籍確認電話が実施されることがあります。

未成年の学生でも借入可能

大手消費者金融カードローンは、20歳以上でないと利用できませんが、学生ローンは未成年の学生でも利用可能です。ただし、親権者の同意書が必要なので、親御さんにばれずにお金を借りるというわけにはいきません。

 

属性別(職業・身分など)の25万円を借りる方法

ここでは、職業などに応じたお金の借り方を紹介します。ご紹介するの以下の方です。

  • 派遣社員・派遣社員
  • アルバイト学生
  • 未成年の学生
  • パート勤めの主婦
  • 専業主婦

派遣社員・派遣社員

大手消費者金融のカードローンの利用条件は

 

1.20歳以上であること
2.安定した収入があること

 

の2つだけなので、この条件を満たしていれば、正社員でなく契約社員や派遣社員でも、審査を受けた上でお金を借りることができます。

 

※銀行カードローンでは審査通過が難しいことがあるかもしれません。

アルバイト学生

大学生、大学院生、短大生、専門学校生などアルバイトで収入のある20歳以上の学生なら、審査の上で大手消費者金融カードローンでお金が借りられます。

 

学生ローンという選択肢もありますが、はじめての利用の方むけの無利息サービスがある大手消費者金融カードローンのほうがオススメです。

 

※銀行カードローンでは審査通過が難しいと思います。

未成年の学生

未成年の方は、大手消費者金融カードローンは利用できません。未成年の学生の方で、アルバイトなどをしていて収入のある方は、学生ローンがオススメです。

 

学生ローンなら、親権者の同意を得た上でという条件付きにはなりますが、未成年の学生でも審査の上でお金が借りられます。

パート勤めの主婦

パート勤務をされていてご本人に収入のある主婦の方なら、大手消費者金融カードローンでお金が借りられます。

専業主婦

ご本人に収入のない専業主婦の方は、総量規制(本人の年収の3分の1まで貸付可能というルールにひっかかるため、大手消費者金融カードローンではお金が借りられません。

 

専業主婦の方がお金を借りるには、以下の2つの方法があります。

 

1.専業主婦向けの銀行カードローン
2.中小消費者金融の配偶者貸付

 

1.専業主婦向けの銀行カードローン

総量規制のルールに縛られない銀行では、配偶者の収入も考慮して審査をしてくれる専業主婦向けのカードローンを実施しているところがあります。こうした商品を実施しているイオン銀行などなら専業主婦でも、審査の上お金が借りられます。

 

※イオン銀行では、専業主婦(夫)の方でご本人さまに収入がなく、配偶者さまに収入がある方のお申込みは最高でも限度額50万円までとなります。

2.中小消費者金融の配偶者貸付

一部の中小規模の消費者金融で行われている「配偶者貸付」では、

 

『配偶者の年収と本人の年収を合算した金額の3分の1』

 

を限度として貸付を行っています。

 

この配偶者貸付なら、本人に収入のない専業主婦の方でも審査の上でお金が借りられる見込みがあります。(配偶者の同意書が必要です。)

 

今すぐ25万円借りるならアコムかプロミスがオススメ

今すぐ25万円借りる必要があるなら、各社公式サイトの簡易審査を受診して借入可能かをまず確認するのが最短です。(簡単な項目を入力すればわずか数秒で結果がわかります)

今すぐプロミスの簡易審査を受けてみる>>

アコム

【三菱UFJフィナンシャル・グループ】のアコムは信頼感抜群!消費者金融の中で老舗とも言える存在で、利用残高ナンバーワン。CMでも有名な「はじめてのアコム」のキャッチフレーズの通り、初めてお金を借りるという人に人気の高いカードローンです。初回の利用なら30日間無利息で利用可能。

アコム公式サイトを確認>>

プロミス

【SMBCグループ】のプロミスなら安心感バッチリ!『WEB完結』なら、ネットの手続きのみで申込〜借入の一連の手続き全てが完結可能です。審査スピードの速さにも定評があるため急ぎでお金を借りたい方からの支持を受けています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

プロミス公式サイトを確認>>

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

【危険】オススメできない危ない25万円の借り方

今すぐ25万円を借りたいときに、手を出してはいけない危険な方法があります。急ぎのときやどうしてもお金を借りたいと言うときには、焦って正常な判断ができない場合もあるかもしれませんので、注意喚起の意味でご紹介します。

 

今すぐ(最短1時間)でお金を借りるなら、大手消費者金融のカードローンが最もオススメです。

 

安心安全なおすすめカードローンを今すぐ確認>>

 

避けるべき危険なお金の借り方というのは以下の方法です。

  • ヤミ金融
  • 個人間融資掲示板
  • クレジットカード現金化業者

ヤミ金融

通常、貸金業者は金融庁やその出先機関に貸金業者として登録をして業務を行っています。このことは、法律上定められているます。貸金業の登録を行わず、違法に貸金業を行っているのがヤミ金融業者です。

 

ヤミ金融は、

  • ・法外な利息
  • ・違法な激しい取り立て

が特徴です。

 

漫画やドラマや映画で度々描かれているように、ヤミ金融業者を利用してお金を借りてしまうと、非常に高額な利息や近親者や友人知人をも巻き込んだ激しい取り立ててで、最悪の場合破滅の人生をたどることになってしまいます。

 

非常に危険なのでヤミ金融から借りるのはやめましょう。

個人間融資掲示板

消費者金融や銀行などの金融機関からではなく、個人と個人がお金の貸し借りをすることを個人間融資といいます。そして、この個人間融資の取引の場として利用されるのが個人間融資掲示板というネット掲示板です。

 

個人間融資掲示板では、お金を借りたい人が借入希望額などについて書き込みます。そして、お金を貸したい人がその書き込みに対して条件などについて返信します。

 

お金を借りたい人・お金を貸したい人、双方の条件が合致すれば取引成立となりお金の貸し借りが行われることになります。

 

なかには、本当にちゃんとお金が借りられることもあります。個人間融資掲示板では、まともに審査を行わずに貸付が行われます。そのため、消費者金融や銀行などの正規の機関では審査を通過出来ない人が個人間融資を頼る場合も多いと思いますが、まともな審査を行わずにお金を借りるということは、返済能力を超えた分不相応な借入をしてしまうことにもつながりかねません。

 

しかし、まともにお金が借りられるのはまれなことで、実際は個人間融資掲示板を隠れ蓑にしたヤミ金融業者が横行しているといいます。ヤミ金融がどれだけ危険かは、すでにお伝えしたとおりです。

 

また、個人間融資掲示板で詐欺被害に遭う方も多いので、近寄らないようにしましょう。個人間融資掲示板での代表的な手口としては、先に指定口座に少額を振り込むことを要求してお金をだまし取るような手口があります。

 

クレジットカード現金化業者

クレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を手に入れることができます。しかし、クレジットカードのショッピング枠現金化は、カード会社により禁止されています。カード会社にクレジットカードのショッピング枠現金化がバレると、カードの利用停止などの処分を受ける可能性があります。

 

そして、クレジットカード現金化が禁止行為であることを知った上で、クレジットカード現金化を行っている業者が存在します。クレジットカード現金化業者では、利用者にカードで支払いを求め、手数料を引いた現金を利用者に渡します。

 

たとえば、現金化業者にクレジットカードで10万円を支払うとすると、現金化業者は手数料として2万円を引いた8万円の現金を利用者に渡すような感じです。

 

このような方法では、利用者は

 

・カード会社への手数料
・現金化業者への手数料

 

の2重に手数料を支払うことになってしまいます。

 

このような取引で手数料をとることは法律上認められていませんし、現金化業者の手数料を利息に換算して考えると、違法な利率になるため適法かどうか怪しい面があります。

 

今すぐ25万円借りるならアコムかプロミスがオススメ

今すぐ25万円借りる必要があるなら、各社公式サイトの簡易審査を受診して借入可能かをまず確認するのが最短です。(簡単な項目を入力すればわずか数秒で結果がわかります)

今すぐプロミスの簡易審査を受けてみる>>

アコム

【三菱UFJフィナンシャル・グループ】のアコムは信頼感抜群!消費者金融の中で老舗とも言える存在で、利用残高ナンバーワン。CMでも有名な「はじめてのアコム」のキャッチフレーズの通り、初めてお金を借りるという人に人気の高いカードローンです。初回の利用なら30日間無利息で利用可能。

アコム公式サイトを確認>>

プロミス

【SMBCグループ】のプロミスなら安心感バッチリ!『WEB完結』なら、ネットの手続きのみで申込〜借入の一連の手続き全てが完結可能です。審査スピードの速さにも定評があるため急ぎでお金を借りたい方からの支持を受けています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

プロミス公式サイトを確認>>

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
page top